フリーランスは会社員より成長しないは本当か?フリーランスの方が成長しないと言われる3つの理由とは?

フリーランスの友人が成長してなかったんだよなーと言っていた戦略コンサル時代の上司

フリーランスという特性上、フリーランスはプロであり、自分のスキルを切り売りするものだとよく言われます。また、フリーランスになると成長しないという話もよく聞きます。私がまだ戦略コンサルタントとして働いていた時に上司が言っていた事が今だに忘れられません。
「独立した戦略コンサルタントの友人に5年ぶりに会ったんだけど、独立してから力が全然成長してないなーって感じたんだよな。」
この言葉は当時の私に凄く刺さりましたし、フリーランスという特性上、確かにそんな気もしないなーと思いました。
戦略・マーケティングコンサルタントとなった今、再びこの「フリーランスになると会社員よりも成長しない」について考察してみました。

フリーランスになると今まであまり考えた事がなかった事務処理が発生します。特にフリーランスに切り替える時は健康保険や年金の切り替えが発生したり、開業届を出さなければいけなかったりと、本当に面倒。
そして最たるものが、確定申告。正直めちゃくちゃ面倒…。
ちなみにこの回避策としてお金に余裕があるのであれば人に依頼する事ができます。ミドルプランとしては、ツールを使う。例えばfreeeやマネーフォワード、やよいの青色確定申告を使えば煩わしさ3割カットくらいできます。7割は依然として残りますが…。
その後も保険料も自分で払わなければいけなかったり、請求書の作成だったり、新たな仕事探しだったり。
ただこのあたりは人やシステムに任せてある程度回避出来ます。個人的にはちゃんと仕組みを作ってしまえば確定申告を除けば会社員時代と変わらないかなと。

フリーランスが成長しないと言われる理由2:仕事の選択肢が限られる

フリーランスという特性上、特殊スキル又は経験を持っており、それを使って仕事をすることが求められ、「育ててから活躍してもらおう」と考える企業は皆無です。なので基本的には現状の仕事の延長線上、特に初めはほぼ現状と同じ仕事を求められます。そしてあくまで基本的には、ですがそのミッションが終われば契約は終了。
これがループするわけですから、選択肢が限られてしまうということです。

フリーランスが成長しないと言われる理由3:チャレンジングな仕事が受けられない

であれば、チャレンジングな仕事を無理にでも受ければいいじゃん!と思うのですが、出来るならそれが理想です。会社員だとよくありますよね、出来るかわからないけど、とにかくチャレンジします!やらせてください!というやつです。
これをフリーランスにも許してくれる、ましてや信頼がない状態で最初から許してくれる所はなかなかないのが実情ではないでしょうか?

フリーランスが成長するための解決策

なのでこの解決策としては、
・仕事を通じて信頼を勝ち取り、その延長で少しずつチャレンジングな提案をしていく。但し、信頼をずっと得るためには成功するか、失敗したとしてもなんらかの形で返してくれそうと思わせる事が重要。
・その分野の専門家になる等して、第三者からの評価を得る。
かなーと思います。
次の記事では、フリーランスの方が成長する3つの理由について考えてみます。

\フリーランスになる前にクレカ作成は必須!今なら当サイトからの申込み限定で6,000円相当のポイント還元キャンペーン中↓/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA