フリーランスになっても意外と会社員時代と比較して変わらなかったこと

フリーランスになったら、めっちゃ自由だ!と思っていたのですが、会社員を辞めて実際にフリーランスになっても実際は意外と変わらなかった事がいくつかあります。

1.出勤時間の満員電車を回避できなかった

これは本当に行けてないのですが、結局出勤時間は社員と同じでした。よって、満員電車に巻き込まれます。これが本当に嫌なのでなるべくリモートにしてもらってます。また、私は朝派なので朝早く行きたいという話をしても、そもそも社員が誰もいないから入れないなんてことも…遅く行くのは子供と夜会えなくなるので選択肢としてはなしです。

2.結局平日は仕事を休みづらかった

週5働かないという選択肢はありますが、週5働くとなるとなかなか平日休みは作れませんでした。以前週2+事業開発していた時は平日休んで土日働くというスタイルで、凄く快適に休みを享受していたのですが今となっては混在している場所に行かざるを得ない状況です。相手が企業だと、やはりそちらの会社のスケジュールに引っ張られてしまいます。土日休みに混雑するの、本当にイケてないですよね。

3.労働時間が変わらなかった

フリーランスになると、嬉しいことに周りの人から仕事を手伝ってと言われる事が増えます。そんな仕事を請け負うと、結局夜遅くまで働くことになったりして以外とベンチャー時代と稼働している時間は変わらなかったりします。但し、新たなスキルを吸収できているとう点では結構違いますし、やはり自分の周りの人には力になりたいと思いますね。体が二つ欲しい…。

会社員を辞めて実際にフリーランスになっても実際は意外と変わらなかった事のまとめ

フリーランスになってからも仕事のスタイルはあまり会社員時代と変わらず、満員電車を回避できなかったり、平日休みがとれなかったり、労働時間が変わらなかったりしました。もちろん、職種にもよるとは思いますが、ご参考まで。

\フリーランスになる前にクレカ作成は必須!今なら当サイトからの申込み限定で6,000円相当のポイント還元キャンペーン中↓/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA