フリーランスが知っておくべきお金のテクニック

フリーランスは、正社員と比較して非常に収入が不安定なこともあり、お金のテクニックを覚えておく事は非常に重要です。
自由度が上がる分、責任が伴うのは当たり前です。将来、自分が後悔しないようにお金に関するテクニック、財テクを身につけましょう。

1.個人型確定拠出年金(401K)を運用する

フリーランスになると、当たり前ですが退職金はありません。ですが、老後への備えというのは非常に重要になってきます。
今や、100歳まで生きると言われている時代です。定年を65歳としたら、あと35年もあるような状態です。これを、何も考えずにお金を貯めていると、100%足りなくなります。

そこで便利なのが、個人型確定拠出年金(401K)。これは、一定の金額を毎月運用に回す制度です。定年後した引き出せなくはなるのですが、確定拠出年金の支払い分は、税金が控除されるのです。

この制度を上手く使って、節税しつつ将来の備えを作っておく事はフリーランスにとっては必須と筆者は考えます。

 

2.クレジットカードをとにかく使う

クレジットカードは、支払っただけでお金の代わりとなるポイントを貯めることができる優れものです。
人にもよるでしょうが、発注側にまわる人もいると思います。その際は、積極的にクレジットカードを使いましょう。クラウドワークス等でも、クレジットカードは使えますね。

また、フリーランスになるとクレジットカードは作りづらくなりますから、なるべく早く作っておく事をおすすめします。
もし、読者が大学生などの若者でしたら、こちらのサイトがユーザー目線で書かれていておすすめです。

 

フリーランスが知っておくべきお金のテクニックのまとめ

この確定拠出年金を使う、クレジットカードを使うというのは、誰でも簡単に出来る事です。
何度も言うようですが、フリーランスになると誰も自分を守ってくれません。
正しい情報を集めて、正しい戦略で、正しく稼いでいきましょう。


\フリーランスになる前にクレカ作成は必須!今なら当サイトからの申込み限定で6,000円相当のポイント還元キャンペーン中↓/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA